資金調達後のバックアップシステムのある、今まで無かったクラウドファンディング

あれこれファンド

サックス・ワールド創刊1周年CD+DVD制作応援プロジェクト

サックス・ワールド創刊1周年記念!!CD+DVD制作応援プロジェクトについて

2016年6月に創刊したサックス専門誌『サックス・ワールド』が創刊1周年を迎えるにあたり、これまでにサックス・ワールドに出演したサックス・プレイヤーとのコラボした記念CD&DVDを制作します。

『サックス・ワールド』とは?

サックスを演奏する人に演奏する楽しみとサックスの魅力を伝える『サックス・ワールド』。その前身となる『サックス・マガジン』が諸般の事情で創刊からわずか3 号で休刊。多くのサックス奏者、読者から休刊を惜しむ声の中、その熱い熱い声援に応えるべくサックス・マガジン復活のために旧スタッフが新会社(株)ホットリバーを設立。休刊から1 年後となる2016 年6月に『サックス・ワールド』として奇跡の復活を果たしました。

今回は創刊1周年を迎えるにあたり『サックス・ワールド』の創刊にご支援を頂いたサックス奏者、そして読者の皆さんへの感謝の気持ちを込めて、サックス・ワールドのレギュラー陣をはじめとする大勢のサックス・プレイヤーに参加いただく記念CD&DVDを制作。サックスの魅力をより多くの方に認知してもらい、サックス・シーンを盛り上げることを目標にしたプロジェクトです。

    

    
Photo:William P. Gottlieb 

サックス・ワールド創刊1周年アニバーサリーCD+DVD

サックスの魅力を詰め込んだアニバーサリー・ソングを新規に作編曲し、ジャンル、老若男女、キャリアを問わずサックス・シーンを盛り上げたいという想いをサックス・ワールドと共有する数十名を超えるサックス奏者にレコーディングに参加頂きアルバムを制作。DVDは、メイキングをはじめ、ミュージックビデオ、普段は見れないサックス奏者の以外な顔など盛りだくさんのレアな内容で、CD&DVDとして発売します。
是非、みなさんのご支援をお願いします!!


坂田 明奈

そして、トータル・プロデュースは?

伝説のブラスロック・バンド“元スペクトラム”のトランぺッター&ボーカリストで、マルチ・プロデューサーとして数々のヒットを世に送り出した新田一郎氏と、スペクトラムのディレクターで、現在は、ポルノグラフィティや広瀬香美、小泉今日子などのレコーディング・プロデューサーで有名な田村充義氏という強力なふたりがこのプロジェクトの企画主旨に賛同。管楽器の魅力を熟知したこのおふたりが、今までに無い、常識破りで”ガチ”な作品にすべく本プロジェクトのプロデュースを担当します。

インストゥルメンタル・ミュージック・シーンを再び盛り上げたい!

2004年に公開された映画『スイングガール』。田舎の女子高生がジャズにのめり込み、ビッグバンドでサックスやトランペットを演奏するこの映画の大ヒットがトリガーとなり、学生はもちろん、大人たちの間でもサックスがブームになりました。
現在もその流れは続いており、特に50〜60歳で初めてサックスを手にするアマチュア・ミュージシャンが増加、サックス・ワールドの読者や音楽教室に通う生徒もこの年齢層が年々増加傾向にあります。
なぜシニアがサックスを始めるのか? この世代は渡辺貞夫やTスクエア、高中正義などが大活躍し、CMなどのTVメディアの露出、武道館公演を行うなど1980年代のジャズ/フュージョン全盛時代をリアルタイムで経験しています。それらの音楽に馴染んだシニア世代が、仕事や子育てが一段落した後の人生の楽しみとして、以前より憧れを抱いていたサックスを手にし、趣味としてその演奏を楽しんでいるのだと考えられます。
このようにアマチュア・サックス・シーンが盛り上がる反面、現在の音楽シーンはアニメやアイドルが全盛を極めており、ジャズ/フュージョンを中心とするインストゥルメンタル・ミュージック・シーンはCDの販売枚数の減少、ライブハウスの動員の減少など衰退傾向にあります。前出の渡辺貞夫やTスクエア、そしてMALTAなどベテラン・ミュージシャンの人気は根強く現在も第一線で活躍されていますが、後続の若いミュージシャンの活動の場は狭まっており、音楽活動だけで生活をしていくのが年々難しくなっている厳しい現況があります。
今回の『サックス・ワールド創刊1週年アニバーサリーCD』では大勢のサックス奏者のアーティスト・パワーをこのプロジェクトで集結させることで、一部の音楽マニアだけではない一般的な音楽愛好家、その中でも特に若い世代にインストゥルメンタル・ミュージックとサックスという楽器の持つ魅力を知ってもらいという思いを込めています。
そして、このプロジェクトを通してインストゥルメンタル・ミュージック・シーンを再び盛り上げるキッカケを作ることで、若いサックス・プレイヤーたちの活動の場を広げていきたいと考えています。どうか、ご支援よろしくお願い致します。

【発売予定】
2017年9月21日

サックス・ワールド
音楽

サックスを演奏する人に演奏する楽しみとサックスの魅力を伝える専門誌。ジャズやロック、ファンク、スカなどポピュラー・ミュージックを演奏するサックス・プレイヤーのための楽器上達のノウハウや、ビンテージ〜最新機材などの楽器情報、付属CDと連動したオリジナル・アレンジのスコア、第一線で活躍するサックス奏者のインタビューなど、ビギナーからマニア、プロ・ミュージシャンまで幅広い読者層に向けて充実したコンテンツをお届けします。 サックス・プレイヤーが本当に知りたかった情報がここにはあります。

支援するコースを選択する

残り期間が7日以下のため、これより先は支援完了後の取り消しは出来ません。

支援額
10,000

2

10,000円コース

■本プロジェクトで作成したCD+DVDをプレゼント
■サックス・ワールド1周年記念Tシャツ(フリー・サイズ)を1枚プレゼント
■CDのブックレットの最後にお名前を掲載
■本CD+DVD発売時のサックス・ワールでの記事中にお名前を掲載
  • 10,000円コース
  • 10,000円コース
  • 10,000円コース
支援額
30,000

1

30,000円コース

■本プロジェクトで作成したCD+DVDをプレゼント
■サックス・ワールド1周年記念Tシャツ(フリー・サイズ)を1枚プレゼント
■サックス・ワールド・ロゴ入りサックス・ストラップをプレゼント
■CDのブックレットの最後にお名前を掲載
■本CD+DVD発売時のサックス・ワールでの記事中にお名前を掲載
■本CDに参加のサックス奏者全員のサイン入りTシャツをプレゼント
  • 30,000円コース
  • 30,000円コース
  • 30,000円コース
支援額
50,000

1

50,000円コース

■本プロジェクトで作成したCD+DVDをプレゼント
■サックス・ワールド1周年記念Tシャツ(フリー・サイズ)を1枚プレゼント
■サックス・ワールド・ロゴ入りサックス・ストラップをプレゼント
■CDのブックレットの最後にお名前を掲載
■本CD+DVD発売時のサックス・ワールでの記事中にお名前と写真を掲載
■本CDに参加のサックス奏者全員のサイン入りTシャツをプレゼント
■サックスで本プロジェクトのレコーディングに参加
演奏者としてもブックレットに名前がクレジットされます。
(※レコーディングに参加する交通費/宿泊費などの費用は参加者の負担になります。レコーディングは日程により、CD参加アーティストとは別日での収録になる可能性があります。演奏部分は、事前にサンプル音源と譜面をお送りしますので、充分練習はしておけます。アーティストと一緒に演奏できるという主旨ではありませんので予めご了承ください)
  • 50,000円コース
  • 50,000円コース
  • 50,000円コース

このページの先頭に戻る